【MAC専用】サテチ コンパクトバックライトワイヤレスキーボード レビュー!【SATECHI】

今回は、「格安で多機能」MAC専用キーボード「Satechi コンパクト バックライト ワイヤレス キーボード」をレビューします。

ここが良かった!
  • マジックキーボードより5cmコンパクト
  • キーストロークが深い
  • キーの凹凸でタイピングミスが減った
  • Bluetooth接続でデスクがスッキリした
  • 電池持ちがいい
ここがいまいち。
  • 十字キーが押しにくい
  • 印字フォントが少しダサい
価格
  • 9,000円 前後
こんな人にオススメ!

テンキーは付いてほしいけど、横幅が長くなるのがイヤだって人

結論

「デザイン性」「操作性」「機動性」の3拍子揃った素晴らしいキーボード。購入して1年使用してますがとても気に入ってます。

使用感におけるデメリットを含め、詳しくレビューしていきます。

目次

商品を購入した経緯

もともとはMacBookAir1台で作業をしていたのだが、作業領域を増やしたく外部ディスプレイを導入することに。

デュアルディスプレイ環境に

必然的に別途キーボードを購入する必要があったのだが、MACはWindowsとキー配列が微妙に異なるため、対応した社外品モデルが非常に少ない。

また、個人的にエクセルやスプレットシートでの作業が多く、テンキーは必須となる。

アップル純正のMagicKeyboardでもいいが、値段が高いのと、テンキーが横幅をとりマウスに干渉するらしい。

色々調べた結果、サテチというメーカーでベストな製品を見つけた。テンキーが付いて横幅もマジックキーボードより5cmもコンパクトらしい。

無駄なスペースが横幅の原因に(赤枠)Magic Keyboard ¥20,800
十字キーがコンパクトに収まっている(赤枠)コンパクトバックライトワイヤレスキーボード ¥8,990

【メーカー】サテチ
【製品名】コンパクト バックライト ワイヤレス キーボード
【特徴】

  • MAC専用キー配列
  • テンキーがコンパクトに収まっている
  • Bluetooth接続

欲しい条件が全て揃っていたのでAmazonで購入することに。

付属品

付属品を紹介します。

付属品一覧

説明書

説明書は「英語」「フランス語」に対応した2種類

こちらが説明書。

説明書表
説明書裏

USB-A to C ケーブル

充電用のコードは2種類付属しています。

USB-A to C ケーブル

USB-A to C ケーブル

USB-C to C ケーブル

USB-C to C ケーブル

CtoCケーブルがあるのは地味に助かる。MacBookから直接給電することも可能。

角度調整グリップ

角度調整グリップ

こちらはキーボードの角度を調整するためのグリップです

両面テープで接着する仕様となっています

裏面に貼り付ける

貼り付け位置はここらへんがベストではないでしょうか

若干の角度をつけることができる

デザインと質感

次にデザインと質感

カラーリング

MacBookのスペースグレイと相性抜群

色はマックブック同様のスペースグレイ。並べて見ても、ほぼ同じカラーリングとなっています

高級感のあるデザイン

四隅はダイヤモンドカット加工

四隅にカット加工が施されていて、ダイヤモンドの様に光を反射しとても高級感があります。裏面は6ヶ所に滑り止めグリップがあり、キーボードをしっかりホールドしてくれます。後ろには充電用のUSB-Cポートと、電源スイッチがあります。

キーは丸みを帯びた形状

キーは丸みを帯びた形状

キーは丸みを帯びた形状で、中心が少し凹んでいる形となっています。キーボードに印字されているフォントが太く、MAC純正と比べると少しダサいです。バックライトが映えるように太くせざるをえなかったのでしょうか。

US配列

エンターキーの形状がJISと異なる

キー配列はUS(米国)仕様となっています。普段使いで不便を感じることはありません

。むしろ慣れたらJISよりUS配列の方が使いやすいのかもしれません。

3台のデバイスが登録可能

3台のデバイスを登録できる

3台のデバイスを登録でき、ボタン1つで切り替えが可能。iPhoneやiPadでも問題なく使えます。

バックライトは10段階で調整可能

暗い場所でも安心の光度

バックライトは10段階で調整可能。

音量や画面の明るさもキーボードで調整可能

ほぼ全ての動作に対応

音量や画面の明るさも、キーボードで調整することができます。

使用感レビュー

実際の使用感をレビューします。

タイピング感

ストロークが程よく深く、気持ちよくタイピングが進む

キーは丸みを帯びて中心が少し凹んでいます。 見た目は少しアレですが、使用感は抜群に良いです。 遠い位置にあるキーも指先の感覚でキャッチできるので、タイピングミスが劇的に減りました。 ストロークはMacBookと比べ体感で1.5倍ほど深いです。 押した感覚はとても心地よく、タイピングがどんどん進みます。 また音も静かでMagic Keyboardのようにペチペチ感はなく、外出先でも周りを気にすることなく使えます。

接続と遅延

接続はとても安定しています。 一度Bluetooth接続してしまえば、以後は自動で接続してくれます。 スリープモードを解除するには適当に一つキーボードを押すだけでOK。 0.5秒ほどで再接続します。 そのタイムラグは全く気にならない程度です。 接続が不意に途絶えたりしたことは一度もありません。

電池持ち

フル充電で600時間の連続使用が可能で、1ヶ月は軽く持ちます。 また充電中でも普通に使用できるので、緊急時でも安心です。 ただし、僕はバックライトを常にOFFにして使っていて、ONにしての使用だと電池持ちは少し悪くなるかもしれません。

サイズ感

手のひらに収まるコンパクトなサイズ感

サイズ感はとても満足しています。 テンキーがコンパクトに収まっているため、右側にスペースができマウス操作がとても快適になります。 持ち運びも楽々で、このサイズ感は非常に気に入っています

十字キーの形状

上下キーと左右キーの形状が異なる

使用感で唯一のデメリットは十字キーの形状。 上下キーと左右キーのサイズが異なり、指先でキャッチする際にとても戸惑います。 旧モデルは形状が揃っていたのですが、MagicKeyboardのデザインに合わせてこの仕様になったようです。

まとめ

以上がサテチ、コンパクトバックライトワイヤレスキーボードのレビューでした。まとめます。

【良かった点】

  • マジックキーボードより5cmコンパクト
  • キーストロークが深い
  • キーの凹凸でタイピングミスが減った
  • 電池持ちがいい

【残念だった点】

  • テンキーが押しにくい
  • 印字フォントが少しダサい

【結論】

「デザイン性」「操作性」「機動性」の3拍子揃った素晴らしいキーボード。テンキー付きでコンパクトなMac専用キーボードを探している方にピッタリです。購入して3ヶ月使用してますが、とても気に入ってます。 今後も長く愛用してくつもりです。

価格もMagicKeyboardの約半額で購入することができるので財布にも優しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

在宅ワーク歴3年目のリオンです。PC周りのガジェットを紹介しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる