TRUEFREE O1 レビュー | コスパ最強のオープンイヤーイヤホンはこれで決定!

コスパ最強」オープンイヤーイヤホン「TRUEFREE O1」をレビューします。

ここが良かった!
  • 快適な装着感
  • マルチポイント対応
  • 連続10時間再生可能で電池持ちがいい
  • 音漏れが少ない
ここがイマイチ。
  • カラーナインナップが少ない
価格
  • 5,380円前後

結論、かなりオススメ

最近流行りの耳掛けタイプのイヤホンです。

耳を塞がないので長時間の使用でも蒸れる心配がなく、運動時や家事、仕事中などのながら聞きに最適です。

16.2mmの大口径ドライバー搭載で音質もかなりいいです。

2週間使ってみてわかったメリット・デメリットを詳しくレビューしていきます。

リオン

充電ケース込みで価格5,000円前後はマジで安いです!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

メーカーの方よりクーポンコードをいただきました!
アマゾンで購入の際、下記コード入力で10%OFFになります。

クーポンコード:PVDD5KA9

目次

TRUEFREEとは

TRUEFREEは中国・深圳のイヤホン専門ブランドです。

高品質でありながら価格が安く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴。

日本でも有名なあのSOUNDPEATS(サウンドピーツ)の関連企業で、技術力はかなり高いです。

>TRUEFREE アマゾン公式ページ

>TRUEFREE 公式X(旧ツイッター)

TRUEFREE O1 スペック概要

そんなTRUEFREEから2023年にオープンイヤー型イヤホンTRUEFREE O1」が発売されました。

【特徴】

  • オープンイヤー型
  • 16.2mm大口径ドライバー搭載
  • タッチ操作対応
  • マルチポイント対応
  • 防水対応
  • USB-C充電
  • 10時間連続再生(ケース込み45時間)
  • 低遅延ゲームモード搭載
スペック詳細(タップして開く)
メーカーTRUEFREE
型番TRUEFREE 01
ドライバー16.2mmドライバー
ノイキャン
外音取込
マイク
ワイヤレス充電
マルチポイント
防水規格IPX4(日常防水)
対応コーデック・AAC
・SBC
サイズ(ケース)97×71×33 (mm)
重量イヤホン片耳:10g
ケース込:104g
電池持続時間イヤホン単体:最大10時間
ケース込み:最大45時間
充電方法USB-C
フル充電時間2時間
通信方法Bluetooth 5.3
付属品・説明書
・USB-C to A ケーブル
・本体
カラー1色(ブラック)
発売日2023年5月
参考価格5,380円 前後

>Amazonで詳細を確認

TRUEFREE O1 開封レビュー

開封して中身を見ていきます。

外箱は英語表記です。

中身を開けると本体が丁寧に包まれていて、かなり高級感があります。

付属品

付属品一覧
  1. 説明書
  2. USB-C to A ケーブル
  3. 本体

説明書は日本語対応。

6ヶ国語に対応

充電ケーブル用のUSB-C to Aケーブルも付属します。

本体側がUSB-C

デザイン・質感

表面中央にブランドロゴが印字されていています。

裏面はこんな感じ。

ケース側面のランプでバッテリー残量を3段階で確認可能。

●●● 3つ点灯60%以上
●●◯ 2つ点灯30〜59%
●◯◯ 1つ点灯29%以下
バッテリー残量

後ろ側には充電用のUSB-Cポートが配置されています。

質感はサラサラしたマット調で、指紋が付きにくいのが嬉しいです。

中身を開けるとこのようにイヤホンが収納されています。

イヤホンのカラーはブラックです。

内側はこんな感じ。

外から見える部分は光沢感のあるツルツルした材質で、耳に接触する内側はサラサラした質感で、2つの材質が使い分けられています。

大きい方が音が鳴るスピーカー部分で、小さい方にはバッテリーが内蔵されています。

スピーカー部分の外側はタッチ操作に対応しています。

タッチ操作対応

サイズ・重量

ケース込みの重量は104gと、がっしりしています。

サイズは固形石鹸より少し小さいくらいです。

ポケットに入れて持ち運ぶのは厳しいですが、A4サイズのカバンだとスッキリ収納できそうです。

イヤホン本体の重量は10gと、実際つけてみた体感としてかなり軽いです

大きさもそこまでなく、すっきりした印象を受けます。

接続方法

イヤホンをケースに入れた状態で、ケース中央のボタンを押すとペアリングモードになります。

あとは接続したいデバイスのBluetooth画面で「TRUEFREE 01」を選択したら接続完了です。

一度登録すると、以降はイヤホンをケースから取り出すと自動的に接続されます。

マルチポイントにも対応し、2台のデバイスでの同時接続が可能です。

たとえばiPhoneとMacBookの両方に接続すると、音声が鳴っている方へ自動的に接続されます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

TRUEFREE O1 使用感レビュー

ここからは実際に2週間使ってみての使用感レビューです。

音質

開放型のオープンイヤーですが、音質が想像より良くて驚きました

16.2mm大口径ドライバー搭載で、イヤホンというよりかはむしろ「耳元でなるスピーカー」といった感じです。

音の傾向としては、ドンシャリではなくマイルドでフラットなイメージ。

派手さこそないですが、長時間聞いても疲れない自然な音質です。

また音漏れも少ないので、図書館などよっぽど静寂な場所でない限り、心配なさそうです。

装着感

イヤホン重量10gは体感かなり軽く、耳にかけていることを忘れるほどです。

カナル型のように耳に詰め込むタイプじゃないので、長時間の利用でも蒸れずに快適です。

ランニング中に使ってみたのですが、フィット感も良くずれ落ちる心配もありませんでした。

また意外だったのが、メガネやサングラスとの相性もいいということ。

イヤホンの上にメガネフレームをかけることで、安定感がより向上します。

電池持ち

イヤホン本体は連続10時間再生可能で、1日中つけっぱなしでも使えます

実際仕事しながら6時間程度使ってみましたが、問題なく使えました。

ケース込みだと45時間再生可能で、ヘビーに使っても1週間程度は十分に持つ大容量です。

週末に充電しておけば平日はずっと持つイメージなので、実用性はかなり高いと思います。

操作感

タッチ操作に対応しています。

1回タップ音量下げる音量上げる
2回タップ再生、一時停止再生、一時停止
3回タップゲームモードに変更音声アシスタント起動
1.5秒長押し前の曲へ次の曲へ
タッチ操作

基本的な操作は全て可能です。

個人的に気に入っているのが「音量の調整」。AirPodsPro(第1世代)とかだとそれができないんですよね。

感度も非常に良く、タッチミスはほとんどありません。

マイク(通話)性能

マイクの通話音質も十分な音質です

少なくとも、通話に支障がでるようなことは無かったので、十分な性能だと思います。

着信の受けとりなどもタッチ操作で可能なので、実用性も高いです。

接続の安定性

Bluetooth対応コーデックはAACSBCに対応。

iPhoneはAACコーデックなので、問題なく快適に利用できます。

接続も安定していて途中で途切れたことはありませんでした。

マルチポイント対応で、切り替えもスムーズでした。

その他、ゲームモードといって遅延を抑える機能も搭載しています。

実際試したところ、遅延が体感で半分程度に軽減されました。

TRUEFREE O1 レビューまとめ

以上がオープンイヤーイヤホン「TRUEFREE O1」のレビューでした。まとめます。

ここが良かった!
  • 快適な装着感
  • マルチポイント対応
  • 連続10時間再生可能で電池持ちがいい
  • 音漏れが少ない
ここがイマイチ。
  • カラーナインナップが少ない
価格
  • 5,380円前後

価格5,000円前後でこのクオリティは、正直かなりコストパフォーマンス高いです。

質感や品質も高く、ほとんどの人が満足できるイヤホンだと思います。

個人的には、ながら聞き用のイヤホンとして、お茶碗洗いや洗濯物たたみなど家事をしてる時に使っています。

音楽を聴きながらでも家族と会話できるので、かなり重宝しています。

今後も長く愛用していくと思います。

リオン

このイヤホン1つで生活の質(QOL)が爆上がりしました!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

メーカーの方よりクーポンコードをいただきました!
アマゾンで購入の際、下記コード入力で10%OFFになります。

クーポンコード:PVDD5KA9

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

在宅ワーク歴3年目のリオンです。PC周りのガジェットを紹介しています。

コメント

コメントする

目次