使用感レビュー | JAPANNEXT JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP

高性能で低価格」JAPANNEXTの27インチ4Kモニター「JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP」をレビューします。

ここが良かった!
  • 4K解像度で画面の表示領域がひろい
  • 4辺フレームレスでスタイリッシュ
  • USB-Cで65W充電ができる
  • USB-Aをハブとして使える
  • IPSパネルで画質が色鮮やか
  • 縦置き対応スタンド
ここがイマイチ。
  • 物理ボタンが押しにくい
  • スピーカーの低音が弱い
価格
  • 37,000円 前後

結論、かなりオススメ

質感や品質も高く、2023年現状コストパフォーマンスで他社ライバル製品を圧倒しています。

実際に2週間使ってみてわかったメリット・デメリットを詳しくレビューしていきます。

リオン

バランスのとれた万能タイプのモニターです!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

サンプル品提供:JAPANNEXT

目次

JAPANNEXTってどんなブランド?

JAPANNEXTは2006年に設立された日本のモニター専門ブランド。

最初は「中国かアメリカの外資系かな?」と思っていたのですが、色々調べてみると、しっかりとした日本企業でした。

千葉県いすみ市にあるジャパンネクスト本社

社長はフランス人の方で、学生時代は慶應大学に留学し、日本が好きでそのまま起業したのだとか。

下の記事を読んでみると、社長の「日本愛」がすごく伝わってきます。

17歳で日本縦断ヒッチハイク!ディスプレー市場の新星、JAPANNEXTのフランス人社長が色々スゴイ

(出典:アスキー)

大型4K曲面液晶開発 ベッカー・サムエルさん

(出典:読売新聞)

本社を千葉県に置く理由としては、学生時代に趣味のサーフィンでお世話になったらしく、経済発展や雇用創出で恩返しがしたいのだとか。

2022年には同市の返礼品プロジェクトにも参加しています。

リオン

義理人情に熱い社長さんですね!

そんなJAPANNEXTが販売するモニターには3つの特徴があります。

JAPANNEXTの特徴
  1. 価格が安い
  2. ラインナップが豊富
  3. 安心のカスタマーサポート

特徴1 価格が安い

他社モニターと比べ、全体的に1,2割安い価格設定になっています。

安い理由としては、「調達部材の多彩な仕入れルート」と「無駄な広告費をかけていない」ことにあるみたいです。

“弊社は取引先が非常に多くて、安価に仕入れることが可能なタイミングがどこかにあります。それを逃さず、仕入れを行っていることが大きいですね。”

“お客様のコストを少しでも抑えることができるように広告費を最低限に抑え、最高のコストパフォーマンスの製品の開発、お客様の満足度をトップ・プライオリティーとしたカスタマーサポート体制に力を入れています”

引用:17歳で日本縦断ヒッチハイク!ディスプレー市場の新星、JAPANNEXTのフランス人社長が色々スゴイ

特徴2 ラインナップが豊富

幅広いジャンルのモニターを取り扱い、サイズも10.1インチから98インチまで多種多彩。

とにかく種類が豊富で、1週間に1機種のペースで新製品を開発しているというから驚きです。

豊富なラインナップは法人からも人気があり、国内大手企業の導入事例も増えきてます。

“JAPANNEXTさんの製品で揃えたのは、もともとディスプレーは1つのメーカーに絞ろうという考えがあったというのが理由になります。というのも、何か問題が起きた時に連絡先を1つにしておいたほうが対応しやすいと思ったからです。”

引用:JAPANNEXTの4K液晶を200台以上導入!?エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社が選ぶディスプレーの基準

特徴3 安心のカスタマーサポート

初期不良や故障の際、海外企業だとどうしても返送に時間がかかったり、言語の壁があります。

JAPANNEXTはカスタマーサポートも千葉県にあるため、アフターサービス面でも安心です。

“カスタマーサポートは、千葉県一宮町(現在いすみ市に移転)のオフィスで行っていますね。社員は全員地元の方なんですが、サポートや修理を含めると全部で20数人在籍しています。”

引用:17歳で日本縦断ヒッチハイク!ディスプレー市場の新星、JAPANNEXTのフランス人社長が色々スゴイ

リオン

ちゃんと調べてみると、安心できる会社であることがわかると思います!

JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP スペック詳細

今回紹介する「JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP」は2023年春に発売された新作の27インチモニターです。

【特徴】

  • 27インチ4K
  • USB-C(65W)搭載
  • USB-A(ハブ機能有)搭載
  • 4辺フレームレス
  • IPSパネル
  • 2W+2Wスピーカー搭載
  • リフレッシュレート60Hz
  • 縦置き対応
スペック詳細(タップで開く)
メーカーJAPANNEXT
型番JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP
画面サイズ27インチ
解像度4K(3840×2160)
アスペクト比16:9
パネルIPS
HDR性能HDR 10
表面処理ノングレア(非光沢)
リフレッシュレート60Hz
端子類・HDMI(2.0)×1
・DisplayPort(1.2)×1
・USB-A×2
・USB-B×1
・USB-C×1
・イヤホンジャック
スピーカー2W+2W
チルト(上下角度)-6°〜 20°
スィーベル(左右角度)-30°〜 30°
ピポット(回転)0°〜 90°(縦置き対応)
スタンド高さ調整405〜535mm
壁掛け100×100(mm) VESA規格
寸法(スタンドなし)高355 × 幅615 × 奥行50 (mm)
寸法(スタンド装着)高405-535×幅615×奥行220 (mm)
重量約5Kg
コントラスト比1,300:1
視野角178°
表示色約10.7億色
sRGB99%
DCI-P3 95%
輝度400cd/㎡
応答速度5ms
ゲーム機能・FreeSync
・フリッカーフリー
付属品・スタンド
・電源ケーブル
・ACアダプタ
・HDMIケーブル
・USB-A to Bケーブル
・USB-C to Cケーブル
・VESA変換ネジ
価格¥37,255-(2023年4月)

>Amazonで詳細を確認

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP 開封レビュー

外箱は取手が付いて、ひとりでも簡単に持ち運べます。

中身上段には付属品関係が並んでます。ひとつひとつプチプチで丁寧に梱包されてます。

下段にはモニター本体。発砲スチロールでしっかり固定されてます。

リオン

丁寧な梱包で好印象でした!

付属品

付属品一覧
  • 説明書・保証書
  • スタンド・ポール
  • 電源ケーブル・ACアダプタ
  • HDMI ケーブル
  • USB-A to B ケーブル
  • USB-C to C ケーブル
  • ネジ(VESAスペーサー)

※DisplayPortケーブルはなし

説明書は日本語表記。

保証も標準で1年ついているので、初期不良の際も安心です。

スタンドはシンプルな平面タイプ。

ポールはひし形でスタイリッシュ。

ACアダプタはPSE認証済み。

PSEマーク
PSEマークとは

「Product Safety Electrical Appliances&Materials」の頭文字をとったもので、安全が確認された電気製品に付けられるマークです。

モバイルバッテリーやACアダプタなど約460品目の電気用品が対象となっていて、認証を受けることが義務つけられています。

逆に言うと、このPSEマークが付いていない製品は安全が確保されておらず販売することができません。

参考:一般社団法人 日本品質保証機構

ケーブル類は3種類。

  • HDMI ケーブル(1.8m)
  • USB-A to B ケーブル(1.5m)
  • USB-C to C ケーブル(1m)

※DisplayPortケーブルは付属しない

ネジは大小2種類×4本付属します。

短いネジは通常スタンドを取り付ける際に使います。

長いネジはモニターアームなど取り付ける際に使うVESAスペーサーです。

リオン

DisplayPortケーブル以外、必要なものは揃ってます!

組み立て

組み立ては簡単で、所要時間は1分ほどです。

STEP
本体にポールを合わせる
STEP
付属のネジで固定
STEP
スタンドを装着
STEP
完成
リオン

モニター本体も軽いので、組み立てはラクラク!

デザイン・質感

4辺フレームレスですっきりしたシンプルなデザイン。

ベゼル幅はわずか0.2cm

出力した際の非表示幅は0.6cmで、実質のベゼル幅で見ても0.8cmと極薄

MacBookAirと比較してもベゼルが薄いのがわかります。

下面もフレームレスなので、ブランドロゴが省略されスッキリした印象。

よくある画面下のブランドロゴが省略されている

画面の表面処理はノングレア(非光沢)で、周囲の余計な反射や写り込みを防いでくれます。

MacBoodAirと比較すると写り込みが少ないのがわかる

後ろ側はRGBライトが付いたゲーミングっぽいデザイン。

質感はサラサラして肌触りが良く、マット調のような黒光りが高級感◎

RGBライトは設定でON/OFF切替可能

スタンドのホールはケーブル類を収納できます。

リオン

全体的にシンプルなデザインです!

裏面・接続端子

裏面ネジはVESA規格(100×100mm対応。

付属の変換アダプタを使用すればモニターアームを取り付けれます。

インターフェース(接続端子)は下のとおり。

インターフェース(接続端子)
  • HDMI(2.0)×1
  • DisplayPort(1.2)×1
  • USB-C(65W)×1
  • USB-B×1
  • USB-A×2
  • 3.5mmオーディオジャック

HDMIDisplayPortはいずれも4K60Hzに対応。

USB-CポートはPD(PowerDelivery)に対応し、ケーブル1本で出力(4K60Hz)と65W給電を同時に行えます。

MacBookなどノートPCからの出力に最適!

USB-Aポート電源出力とハブ機能を備えています。

電源出力では、ワイヤレス充電器やデスクライト、外部スピーカーへの出力に最適。

ハブ機能では、コンデンサーマイクなどの接続に最適です。

KVM機能も搭載しています。

引用:JAPANNEXT

あとは3.5mmオーディオジャックが付いてます。

リオン

機能満載で使い勝手抜群!

スタンド性能

付属スタンドは”できないことはない“と言っていいいほど万能です。

高さ調整
最大下げ(デスクから5cm)
最大上げ(デスクから18cm)
スイーベル(左右角度調整)
L30°
R30°
チルト(上下角度調整)
上:20°
下:-5°
ピポット(回転)
45°
90°

ノートPCと縦に並べたり、サブディスプレイとして縦置きで使えたりと、実用的なスタンドです。

高さを上げれば、ノートPCと縦に並べれる
縦置きでも利用可

4辺フレームレスなので、縦置きでもベゼル幅が左右対称になるのは地味に嬉しいポイントです。

操作方法・各種設定

操作は画面右下に配置された5つの物理ボタンで行います。

設定でできること
  • 言語(19ヶ国語)
  • 音量(0〜100)
  • 明るさ・輝度(0〜100)
  • コントラスト(0〜100)
  • ピクチャーモード(6種類)
  • DCR(ON/OFF)
  • HDR(ON/OFF)
  • 色温度(暖色/寒色/sRGB/ユーザー設定)
  • ブルーライト(5段階)
  • FreeSync(ON/OFF)
  • RGBライト(ON/OFF)…など
実際の設定画面
画質調整
画面調整
色設定
OSD設定
HDR設定
その他
ピクチャーモード設定
ピクチャーモード:スタンダード
ピクチャーモード:ゲーム
ピクチャーモード:映画
ピクチャーモード:テキスト
ピクチャーモード:FPS
ピクチャーモード:RTS
色温度設定
色温度:暖色
色温度:寒色
色温度:sRGB
色温度:ユーザー設定
ブルーライト設定
ブルーライトカット 0%
ブルーライトカット 25%
ブルーライトカット 50%
ブルーライトカット 75%
ブルーライトカット 100%

RGBライト(裏面)もON/OFF切替可能。

「ON」はグラデーションで光る1パターンのみ

操作性のデメリットとして個人的に気になったのが「ボタンが硬い」という点です。

結構力を入れて押しこむ必要があります。

ボタンが固いのがデメリット
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP 使用感レビュー

ここからは、実際に1週間使ってみての使用感レビューです。

画質

4K解像度で画質はとても鮮明です

IPSパネルで色再現度が高く、視野角も広いです。

IPSパネルで色を正確に表現できる
視野角も十分に広い
IPSパネルとは

モニターには一般的に3種類(IPS・VA・TN)のパネルがあります。

IPSVATN
色再現度
コントラスト
視野角
反応速度
価格高価普通安価

安価なモニターはVAパネル採用が多いですが、「JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP」では高価なIPSパネルが採用されています。

MacBookのRetinaDisplayと並べても違和感なく使うことができます。

イラストレーター・動画編集者など、専門職の人でも十分使えると思います。

リオン

4K・IPSで画質は申し分なし!

音質

2W+2Wのスピーカーが搭載されてます。

この価格帯でスピーカー搭載はかなりお得感がありますね。

ただ、音質については低音が弱く、映画鑑賞やゲームでは迫力にかけます。

音質にこだわる方は、自前で外部スピーカーを用意した方がよさそうです。

リオン

音質は正直イマイチですが、間違いなく無いよりは良いです!

サイズ感

デスク奥行き60〜70cmに最適です。

奥行き70cmのデスクに設置してますが、圧迫感もなくゆったり使えてます

奥行き70cmのデスクに設置したイメージ

デスク奥行き60cmでも快適に使えると思います。50cmだと厳しいかも。。

モニター自体の横幅は61.5cm

横幅120cmのデスクに設置したイメージ

M1 MacBookAirと並べた場合の横幅は合わせて92cm。

当モニターを2枚並べた場合は123cmになります。

リオン

27インチは非常に使い勝手のいいサイズです!

ゲーム性能

4K・60Hzで、映像が美しく没入感が凄いです。

PCでレーシングゲームをしてみたのですが、快適に楽しむ事ができました。

4Kなので映像が鮮明

4K解像度なので、美しいグラフィックを楽しみたい人にぴったりです。

ゲーム機能ではFreeSyncに対応し、ティアリングやカクツキを軽減してくれます。

IPSパネルで視野角も広いので、スイッチなど複数人でのプレイも快適です。

リオン

ゲーム用としてもかなり優秀!

仕事用途

4K解像度で画面の表示領域が広く、仕事用に最適です。

表示領域はフルHDの4倍(図の緑箇所)

1画面に複数のウィンドウを表示できるので、画面切り替えの手間が省けて作業がはかどります。

複数のウィンドウを同時表示できる

エクセル作業、動画編集、ワードプレス作業、いずれにおいても快適に行うことができました。

データ量の多いエクセル作業に最適
動画編集ではタイムラインを広くとれる
ワードプレスでは縦2分割でもゆったり使える

ちょっと注意点として、4K表示では解像度が高すぎて文字が小さくなってしまう為、文字を拡大するか解像度を少し落としての利用がオススメ。

Mac、Windowsともに設定で変更できます。

Macだと、「4K」と「WQHD」の間(下図の緑箇所)が丁度使いやすかったです。

解像度を自由に変更できる

GoogleChromeなどアプリ別に微調整も可能。

GoogleChromeの設定画面
リオン

ちなみに32インチの場合でも同様な調整が必要になります

スタンド性能を活かして、作業タスクによってデスク環境を自由に変えれるのも嬉しいポイントです。

MacBookAirユーザーである僕の使用例ですと、基本的には1画面の「クラムシェルモード

1画面(クラムシェルモード)

ブログ執筆はノートPCと横に並べて「デュアルディスプレイ

デュアルディスプレイ

動画編集ではトラックパッドを使いたいのでノートPCと縦に並べて使ってます。

ノートPCと縦に並べることも使える

縦置きはWEBサイトやTwitter閲覧に最適です。

表示領域がひろく、スクロールの手間が省ける
リオン

仕事用としては「完璧」です!

映画鑑賞

Amazon primeビデオやNetflixで4K対応の映画を楽しむことができます。

Amazon Fire TV StickをHDMIで接続して見てみたのですが、映像がきめ細かくとても鮮明でした。

Amazon Fire TV Stickで4K映画が見れる

HDR10対応で発色が鮮やかなので、例えば「ララランド」や「プラダを着た悪魔」などではより一層絵を楽しめます。

YouTubeでも4K高画質で動画が視聴できます。

リオン

映画を大迫力で楽しみたいなら、43インチのJN-IPS4300TUHDRあたりもオススメです

JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP ライバル製品と比較

27インチで「4K」「USB-C搭載」「IPSパネル」の条件が揃った他社ライバル製品と比較します。

比較対象機種
  1. JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP
  2. DELL S2722QC
  3. LG 27UL550-W

スペックで異なる点は主に「PD充電W数」「スピーカーの有無」「スタンド機能」「価格」の4つ。


当モニター

S2722QC

27UP550
メーカーJAPANNEXTDELLLG
発売日2023年2月2021年8月2022年7月
接続端子・HDMI×1
・DP×1
・USB-A×2
・USB-B×1
・USB-C×1
・HDMI×2
・USB-A×2
・USB-C×1
・HDMI×2
・DP×1
・USB-A×2
・USB-C×1
PD充電W数65W65W90W
スピーカー2W+2W3W +3Wなし
スタンド・高さ調整
・上下左右角度
・回転(縦置き)
・高さ調整
・上下左右角度
・回転(縦置き)
・高さ調整のみ
Amazon
参考価格
36,882円
前後
54,364円
前後
46,613円
前後
各製品の比較

※DP=DisplayPort
※価格は時期によって変動あり

スペックをトータルで見ると3機種ほぼ横並び。

価格は「JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP」が他より1〜2万円安いです。

JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP レビューまとめ

以上がJAPANNEXT「JN-27IPS4FLUHDR-C65W-HSP」のレビューでした。まとめます。

ここが良かった!
  • 4K解像度で画面の表示領域がひろい
  • 4辺フレームレスの極薄ベゼル
  • USB-Cで65W充電ができる
  • USB-Aをハブとして使える
  • IPSパネルで画質が色鮮やか
  • 縦置き対応のスタンド
ここがイマイチ。
  • スピーカーの低音が弱い
  • 物理ボタンが操作しにくい
価格
  • 37,000円 前後
こんな人にオススメ!
  • イラストを描く人
  • 動画や画像編集する人
  • エクセル作業をする人
  • ブログを書いてる人
  • 縦置きで設置して使いたい人
  • デュアルディスプレイで使う(可能性がある)人
  • ノートPCからの出力で使う人
オススメでない人
  • 内蔵スピーカーの音質にこだわる人
  • 映画を大画面で見たい人

USB-Cポート4辺フレームレスが最大のポイント。

ここまで機能が備わって価格3万円台は正直、かなりオススメです。

質感や品質も申し分なく、ほとんどの人が満足できるモニターではないでしょうか。

リオン

個人的には4辺フレームレスすっきりしたデザインがイチオシです!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

在宅ワーク歴3年目のリオンです。PC周りのガジェットを紹介しています。

コメント

コメントする

目次